2019年9月19日

仁田小学校の3,4年生の総合学習のお手伝い

代表の吉野です。
今日は午前中、仁田小学校の3,4年生の総合学習のお手伝いをしました。

仁田小学校にビオトープを作るので、佐護ヤマネコ稲作研究会の事例を紹介して欲しいということで、承りました。

佐護のバードウォッチング公園で30分ほど、ビオトープを作る目的や作り方、維持管理の難しさ、水系の繋がりの大切さなど、私の知っている限りの内容ですが、経験を交えてお話ししました。

その後は、ヤマネコセンター堺さん、大谷さんの協力のもと、ビオトープの生き物観察を行いました。

メダカやヒメゲンゴロウ、ガムシ、そして、大きなタイコウチ(英名 ウォータースコピオン!)も!

その後はヤマネコセンターで、動物の糞の分析をしたり、盛りだくさんの内容でした。

この中から、将来、ヤマネコや生き物を研究する博士が出てくると嬉しいなぁと感じました。