2018年7月26日

上対馬高校生をインターンで受け入れました

(※写真は、本人の許可を得て掲載させていただいております。)

2018年7月24日から26日まで3日間、上対馬高校の1年生を1名インターンで受け入れてました。

将来は、アートの世界で仕事をしたいということで、対馬でデザイン会社としてビジネスをしている弊社をインターン先に選んでくれました。

高校に美術の先生がいないので、美大卒の弊社デザイナーが似顔絵を描くコツを気合いを入れて伝授していました。

初日は、MITの業務内容を理解するために、社員に取材し、デザイン会社はどういう仕事をしているのかを自分なりにまとめてもらいました。また、社員の似顔絵を描いてもらいました。

2日目は、クライアントさんとのパンフレット作成の打ち合わせに同行して、デザインの仕事の現場を見てもらいました。

デザイン会社は、イラストを描くだけではなく、クライアントの希望に沿った成果を生み出すために、打ち合わせが非常に大事であることを感じ取ってもらったようです。

また、MITではデザイン業務と連動して進めているコンサルティング業務の打ち合わせにも同行してもらいました。その日はちょうど、インターン生の地元の漁協へのヒアリングだったので、参事とも話が弾みました。地元の海が磯焼けしていることについても学んだようです。

最終日である3日目は、商品の包装作業を体験したり、新入社員の宮崎のイラストを完成させたり、空間デザインに興味があるということで弊社事務所のリフォームをコーディネートしていただいた家具職人のKiiroさんのアトリエにお邪魔しました。

 

宮崎の似顔絵は、かなり特徴を捉えていたものだったので、MIT名刺のイラストに採用させてもらいます。

盛りだくさんのインターンになりましたが、応援したくなる素直ないい子で、これからの成長が楽しみです。

将来対馬の魅力を発信するデザイナーに成長し、対馬で活躍してもらえたらと思います。

 

江上さん、インターンお疲れ様でした。そしてMITに来てくれてありがとうございました!