2018年6月6日

お世話になっている地域との交流

MITは事業活動をお通じて、事務所のある佐須奈の地域の皆さんと交流して行きたいと思っています。

地域の男性陣が集まって地域活動をしているグループ”もやいの会”にも代表理事の吉野が加わりました。今はエゴマを作っています。将来的にはエゴマ油をMITで買い取るなどができたらと思っています。

もう一つは、女性陣が集まって地域活動をしているグループ “よっていかんねぇ”。対馬市の担当課長から相談があったことをきっかけに、外部集落支援員の菅田奈緒美さんのコーディネートで、MITの商品の袋つめ作業を内職としてお願いすることになりました。”よっていかんねぇ”の施設管理費や活動経費に充てたいとのことで、MITの事業が少しでも地域に還元できればと思って、割増の価格で委託しています。

ちなみによっていかんねぇでは、お弁当やお惣菜も置いてますので、是非みなさん、よっていかんね?

対馬で誕生し、対馬に生かされているMITは、これからも対馬に恩返しできるように事業活動をして行きたいと思います。