2018年2月16日

農林水産業インターンのコーディネート

対馬の地域力は一次産業。

農林水産業の分野で若い担い手が少なくなっているのは、対馬にとって非常に深刻な問題です。

そもそも、対馬の農林水産業を若者が知る機会すら少ないので、関心を持つこと自体レアなこと。

そこで、MITでは、対馬市をサポートし、対馬の事業者と大学生・高校生のマッチングを行い、インターンを実施する事業をコーディネートしています。

2月は大学が春休みということで、水産業、林業に大学生がインターンに入っています。

色々なことを感じ、学んでくれました。

これをきっかけに対馬に関わってもらえることを期待しています。