2017年10月8日

ツル等大型鳥類保全国際会合 in 佐護

ツルなど渡り鳥の国際会合(2017/10/7 対馬市佐護体育館:旧佐護小学校体育館)が無事に終了しました。

多くの皆様にご参加いただきました。ありがとうございました!

ツルをはじめとする渡り鳥が非常に多く対馬に訪れる。
これは本当にすごいことです。対馬の誇りとしてもっと発信していくべきだし、保全の取り組みを進めていけば、エコツーリズムや環境教育だけでなく、ヤマネコ米のような付加価値のついた生産物を生み出し、地域がさらに豊かになるし、人が集まってくると確信しています。
今回のイベントを通じて韓国の方々や野鳥の専門家とつながることができたことは我ら対馬にとって素晴らしい財産です。
持続可能な水産資源利用の国際認証であるMSCやASCの韓国の認証機関となっている会社の社長さんにも会えました。
この繋がりをさらに広げていき、自然環境の視点からも「国境の島」「国際交流の島」「持続可能な島」を目指していきたいと思います。